忍者ブログ

LOVE the MOVIE!

映画やスマートフォンのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ものすごくうるさくてありえないほど近い EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE

monosugoku.JPG
製作国:アメリカ(2011年)
[HP]:ものすごくうるさくてありえないほど近い
【価格評価2,000円】
なかなかとらえどころのない深い映画だった。

いろんな課題を多く含んだ映画、悲しみからの脱却・息子の成長への父の思い・

家族愛・人との絆・未来への希望・・・。

多くを含み過ぎのようだが、うまくまとまっている。

俳優陣も素晴らしい、

悩みながらも優しく見守る母。サンドラ・ブロックはうまく演じている。

ラブコメ系だけでなく、こういった役もうまいと思った。

言葉はないが、優しく導く老人。マックス・フォン・シドー。

心に申し訳なさがありながら、主人公と接する姿が言葉以上のものを感じた。

そして、ちょっと変わった、感受性豊かな少年。トーマス・ホーンは素晴らしい。

かなり難しい役に思うが、自然に演じていて少年の揺れて潰されそうな心が伝わってきた。

今の日本もそうだが、最後のシーンなどは乗り越えられる希望を与えてくれる。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

[06/13 りゅう]
[06/12 Yukihiro]
[10/29 Yukihiro]
[10/29 おにっき]
[10/28 Yukihiro]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Yukihiro
HP:
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
[SmartPhone]
GalaxyTab SC-01C
[PC]
VAIO VGC-JS51B
[Camera]
Canon PowerShot S95
[Car]
SUZUKI WagonR MH21S

Contact:
 

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- LOVE the MOVIE! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]